診療案内

耳鼻咽喉科とは

主に耳、鼻、喉の疾患を診る医院です。ただし、お口は体の入口でもあり、全身疾患と深い関わりを持っています。例えば風邪の場合、喉の痛みや鼻水などを伴うこともあるでしょう。当院なら、それぞれの患部に対し、ピンポイントの治療を行うことができます。

耳鼻咽喉科の症例

典型的な疾患としては、浸出性中耳炎や加齢による聞こえづらさなどでしょう。一次診療機関として素早い対応を心がけ、難しいケースの場合は、連携した大学病院などをご紹介します。具体的な自覚症状に限らず、「何かおかしいぞ」といった疑問でも、気軽にお問い合わせください。

よくある症状の一例

耳の場合
  • 耳の奥がかゆくジクジクしている
  • 他人の会話が良く聞き取れない
  • お子さんの耳あかが詰まっている
 
鼻の場合
  • 鼻水や鼻血が止まらない
  • アレルギーや花粉がつらい
  • 鼻の中にうみのようなものがたまっている
 
口や喉の場合
  • いびきがひどい
  • 食べ物が味わえなくなった
  • 急にせき込む、会話をしていてたんが絡む

診療の流れについて

当院では予約を行っていませんので、まずは受付をお済ませください。初心の場合は、保険証の提出と共に問診票のご記入をお願いしております。
診察時間は、一般的な症例で10分前後とお考えください。
調剤を院内で行っていますので、お薬が必要な場合でもお手間を取らせません。

※インフルエンザの予防接種、金曜日に行っている補聴器相談に関しては、事前の予約が必要です。

「あひこ耳鼻咽喉科」で可能な検査

一般的な検査

特に副鼻腔炎、いわゆる「蓄のう症」の検査には自信がございます。

 

X線撮影

首から上に特化して行いますので、被ばく量を減らすことが可能です。

 

超音波検査機

X線には写らない柔らかい組織の異常を、超音波で映し出します。

語音聴力検査

音を言葉として認識できるかどうか、言語中枢を含めた検査を行います。

 

自記オージオ

特定の音域に対して敏感になる「聴覚補充現象」の有無を調べます。

 

ティンパノグラム

空気圧の変化させることで、鼓膜の動きを検査します。

赤外線カメラ

患者さまの目の動きを測定する高感度カメラで、めまいなどの症状に用います。

内視鏡

細いファイバーを鼻から通し、喉の状態を直接視認します。

あひこ耳鼻咽喉科医院 天王寺台駅徒歩2分

あひこ耳鼻咽喉科医院 天王寺台駅徒歩2分

初めての方へ アレルギー・花粉症でお困りの方 お子さまの治療について 医療モニター(治療)について 舌下免疫療法について